【雷山地豆腐】

【雷山地豆腐】

今回の出荷者紹介は、雷山地豆腐さんです!

IMG_2168-300x168

代表の野田昌志さんに「あ、大豆」という すくい豆腐を手にもってポーズをとってもらいました!

福ふくの里には、3つの豆腐が並んでいます。

唐津の「川島豆腐店」さん、相知の「大豆工房 いきさ屋」さん、そして、糸島の「雷山地豆腐」さんです。

この野田さんの「雷山地豆腐」は、創業25年、100%糸島産大豆を使用して、雷山の地下水と天日にがりだけで作った、丁寧なお豆腐だということです。

ちょっとお値段がお高い、250円。消費税込みで262円。

IMG_2171-300x168

「味には絶対の自信をもって、値段分のものを作っとるからね!」と野田さんがニコニコしながら話してくれました。

息子さんとふたりで、丁寧な手作りをしているということで、1日に作れるお豆腐はだいたい150〜200個。

福ふくの里には、水曜日と土曜日に持って来てくれています。

「豆腐もうまかけど、この豆乳、こらもう美味しかよ。
量はあんまり作れんけど、自信があるったい。
でも、まだ研究途上やけん、作るたんびにちょっとずつ味が変わる。
豆腐よりも、豆乳作るのが難しか。」

豆乳には、そうとうの自信を持って出されているようです(^^)

そして、もうひとつ。
おからも出されています。
ちょっとした裏話を聞きました。

「うちのおから使った料理ば、お客さんから聞いたけど、そりゃ美味しかったらしい。
今度、そのレシピば教えるけん、みんなに作って食べてほしか。
うちのおからは、機械のボロかけん、よう搾りきらんと。
やけん、豆腐のおいしさが、結構おからに残っとるとよ(^^)
贅沢に美味しいおからやとよー。」

野田さん、話しもおもしろいです。

「雷山地豆腐」ぜひいちど、食べてみてくださいね!